自力でカタログ作成をするなら

Pocket

カタログ作成と言うと、カタログ作成やパンフレット作成を手掛ける制作会社に依頼をしてデザインやページレイアウトを作りだして貰い、そのレイアウトデータを印刷会社に渡して印刷を行うと言う流れで行うのが一般的です。
しかし、カタログ作成は自力で行う事も可能なのです。

但し、どこまで自作で行うのかにもより、必要となる機材や道具などは異なって来ます。
印刷までを行うとなると、高画質での印刷が可能なプリンターが必要になりますし、印刷を終えた後の製本をどうするのかなどの問題が有ります。
印刷されたものをホチキスなどで止めるようなカタログ作成であれば、会社の中で自作する事も出来ますが、製本会社などが行うような帳合いを行うような製本になると専門的な知識、技術、そして機械が必要になります。

しかしながら、印刷用のデータだけを作成すると言う事であれば、DTPソフトウェアがあれば自作での製作も出来るのです。

DTPソフトウェアと言うのは、ページレイアウト用のソフトウェアであり、ページの記載した章や節などのタイトルを読み取り、目次を自動的に生成してくれたり、各ページのページ番号になるノンブルを生成する事も可能になっている便利なソフトウェアです。
また、写真などをはめ込む事も可能ですし、イラストを製作してページの中に貼り付けることも可能になっており、DTPソフトウェアが有れば印刷用のデータを製作する事が可能になり、後はそのデータを印刷会社に渡せば印刷および製本までを行ってくれるのです。